【イキイキ健康情報局】アトピーでは食べてはいけない食品を覚えとくと安心

本当は良い成分

男女

よくテレビなどでよく見かけることがある、コレステロールという言葉があります。コレステロールとは、テレビで見る限りでは食事を控えなければならないことや、栄養バランスが崩れているなどと悪いイメージが強いという人が多いです。しかし、コレステロールは体に悪いものでありません。コレステロールには、善玉コレステロールや悪玉コレステロールなどとありますが、人間の体にはこの善玉コレステロールや悪玉コレステロールがバランスを取らないと人間の栄養バランスも崩れていくのです。確かに、コレステロールを摂り過ぎてしまいますと、それは体に毒になってしまうので、摂り過ぎや不足はしないで、良い食事をしていきましょう。そうすることで、自然と良い食事になっていきます。

コレステロールが多く入っていまして、体に毒ではないものは、海藻類です。海藻類のなかでも、もずく・昆布・ひじき・わかめなどを使った料理はとても体によく善玉コレステロールが摂取することができます。その他にも、野菜のブロッコリーやキャベツなどもとてもコレステロールが摂取することができます。大豆は、悪玉コレステロールを分解することができますので、つまり自分が今までで食べたことのある食材は、ほとんどコレステロールがはいっているのです。そのためにも、いつもの食事が偏りがちなら、野菜を中心とした食事やちゃんと作った和風の料理などを作って食べると、良い生活が送れます。このように、コレステロールは高すぎず、低すぎずにするのが大切です。コレステロールを気にしている人はコレステロールを病院で測ってから、医者からアドバイスをもらいましょう。